トップページ お問い合わせ 更新履歴 サイトマップ お気に入りに追加 RSS
top.jpg

TOP > 怪我・外傷[総論] > 骨折とは

骨折とは

 骨組織の連続性が立たれた状態を言います。一般にひびが入ったといわれる状態も骨折です。当院では、骨にひびが入ったという表現は使用しません。骨は生きた組織ですので傷(骨傷)と言います。専門的には、亀裂骨折や竹節状骨折、骨膜下骨折、屈曲骨折、陥凹骨折等を指します。転位のない骨折です。

よく間違えて使われる言葉に複雑骨折と言う言葉があります。複雑骨折とは、別名開放性骨折と言い皮膚創を通じて骨折部が外気と触れた場合を言います。判り易く言うと骨折部が外の空気と触れた場合です。どんなに粉々に骨折(粉砕骨折)しても空気と触れていない場合には単純骨折です。テレビなどでもよく間違って使われていることがあります。

外力、つまり力のかかり方で分けると、裂離骨折(剥離骨折)や圧迫骨折などが有名です。他に剪断骨折があります。その他に骨の性状による分類として外傷性骨折(一般的な骨折で外力がかかり骨折したもの)、疲労性骨折(骨折するほどの大きな力ではないが同じところに何度も力がかかり反復性外力によって疲労し骨折)、病的骨折(骨の病気や、腫瘍などのため小さな力で骨折するもの)が有ります。

成長過程である子供の場合は骨端線離解と言って、まだ完全に骨化していない部分と骨化した部分の境目が剥がれる場合があります。この場合も骨折とみなしてよいでしょう。

骨が折れたら動かないと思っている人が多いと思いますが、若年者では比較的痛みが少なく平気でいる人も多いので注意しましょう。小さな子供の場合は特に注意が必要です。レントゲンに写らない骨折もたくさんあります。