トップページ お問い合わせ 更新履歴 サイトマップ お気に入りに追加 RSS
top.jpg

TOP > 小原整骨院 > 包帯法

包帯法

関節可動域の抑制、患部の安静、内出血の鎮静化、腫脹、浮腫などの改善を目的に包帯を行います。

包帯の種類は、巻軸帯、弾性包帯、さらし包帯、サポーター帯、粘着包帯(テーピングテープ)、粘着弾性包帯(テーピングテープ)、自着性包帯などがあり、損傷部位、程度、患者さんの職種、競技種目、運動強度により使い分けします。