トップページ お問い合わせ 更新履歴 サイトマップ お気に入りに追加 RSS
top.jpg

TOP > 小原整骨院 > プロフィール

プロフィール

柔道整復師、1960年1月11日生まれ、ねずみ年、五黄土星、天王星人、氏名 小原政幸

岩手県北上市飯豊町字藤沢生まれ(生まれたのは斉藤産婦人科)、実家は村崎野
北上市立黒沢尻保育園を卒園後、無事北上市立黒沢尻西小学校へ入学することができ、北上市立北上中学校、岩手県立黒沢尻工業高校を卒業、就職、19歳で上京、20歳で独立、眼鏡店を始める。その後、コンタクトクリニック、プラスチック成型小原製作所を開所するが、寝むる時間がなくてやっぱり倒れました。無理をするもんじゃないなぁ とつくづく思い知らされ、3ヶ月間寝て暮らしました。残されたのは借金だけ、、、、、
寝て暮らした3ヶ月間で柔道整復師になる決意を立てる。24歳のとき、、、、、
借金の返済と学校に入るための準備に4年、無事合格し研修を6年、上京してから16年後、ふるさと岩手へ帰ってきました。
研修中によく院長から言われた言葉は、鬼手仏心、医道名も無き民の心をもて、1にも2にも患者のため患者のため、自分の時間は全て患者のために費やす人でした、、、、(まだちゃんと健在です)
私のモットーは初心忘れるべからず。柔道整復師を志したあのころの気持ちを忘れないように心がけています。
患者さんには、ちょっとしつこく症状を聞くところがあって一度怒られたことがあります。でも、診断は診察室に入ってくるまでの視診と問診で7~8割はついてしまいます。それだけ大切な視診問診ですからめんどくさがらずにお付き合いください。触診と徒手テストは視診問診で絞った傷病を確定する材料です。私たち柔道整復師はレントゲン検査やMRI、血液検査などの画像診断や化学検査ができません。あくまでも、視診、問診、触診、徒手検査で色々な傷病、疾病を判断しなくてはなりません。怪我をして来院される患者さんの中には、重篤な疾病を抱えた患者さんも来院されます。怪我に隠された疾病を見落とさないことも私たち柔道整復師には重要なことです。
色々な病気にはトリアス(3大症状)が有りその症候を見逃さないように充分な問診が必要になるわけです。なるべく詳しく怪我の発生状況や症状を伝えるようにしてください。