トップページ お問い合わせ 更新履歴 サイトマップ お気に入りに追加 RSS
top.jpg

TOP > 怪我・外傷[総論] > ぶつけた、打った、引っ張られた、圧迫された場合

ぶつけた、打った、引っ張られた、圧迫された場合

 打撲、挫傷をすると患部に内出血や腫れが出ます。ぶつけたり引っ張られたりした際に皮下組織が損傷します。打撲は直接【直達外力】、挫傷は間接的【介達外力】に力がかかり傷めます。結合組織や筋膜、筋肉の断裂を起こします。


すぐに冷やしてください。内出血を抑えるために冷やします。内出血の量が多ければ、それだけ治りが悪くなります。 包帯、テーピングで押さえます。腫れが引くまで冷やします。軽傷の場合は腫れが引き自発痛がなくなったら暖めます。

重症の場合冷やしながら専門医または整骨院を受診して下さい。
皮膚が損傷し出血している場合は整形外科へ。

a_blt002.gif専門的な症状

腫脹、血腫
疼痛
発赤

機能障害
熱感