トップページ お問い合わせ 更新履歴 サイトマップ お気に入りに追加 RSS
top.jpg

TOP > 怪我・外傷[各論] > 腫脹

腫脹

 はれること。打撲、捻挫等でも現れるが、骨折の際には骨髄、骨質、骨膜、周囲軟部組織の出血により骨折血腫を形成する。出血が皮下に及ぶと皮下出血斑を生じ、関節控に及ぶと関節血腫を形成する。脱臼や捻挫に比し血腫形成が早い。