トップページ お問い合わせ 更新履歴 サイトマップ お気に入りに追加 RSS
top.jpg

TOP > 怪我・外傷[総論] > 傷害と障害

傷害と障害

傷害:外傷などによる運動器の損傷、負傷、きず、急性損傷、亜急性損傷。

障害・障碍:妨げになるもの。妨げになる状況、活動に制限があること。運動制限。

 ジャンプやダッシュ&ストップなど負荷の大きいトレーニングを繰り返すことによって、同じ部位に外力がかかり損傷を起こす。知名度の高いものに大腿四頭筋の反復収縮により大腿四頭筋腱が過度に牽引され膝蓋靭帯に伝達されて種々の損傷を起こす。大腿四頭筋腱と膝蓋骨(膝の皿)付着部付近、膝蓋骨と膝蓋靭帯付着部付近、膝蓋靭帯の損傷を繰り返した反復性外傷がジャンパーズニー、膝蓋骨下縁の膝蓋靭帯付着部での軟骨剥離損傷がSinding-Larsen-Johansson病、膝蓋靭帯付着部の脛骨粗面での剥離骨折と仮骨形成が繰り返されるものがOsgood-Schlatter病で一般にスポーツ傷害と言われる。このスポーツ傷害による運動制限(走行困難・不能、跳躍不能など)や機能障害(屈曲制限、伸展制限など)によってスポーツ(活動に)障害をきたす。

 傷害(傷による害)とは損傷そのものであり、損傷の種類や損傷の名称である。障害とは何らかの原因によって制限される現象、事象である。