トップページ お問い合わせ 更新履歴 サイトマップ お気に入りに追加 RSS
top.jpg

TOP > スポーツ傷害各論 > 腸脛靭帯摩擦症候群(腸脛靭帯炎)

腸脛靭帯摩擦症候群(腸脛靭帯炎)

  膝関節の屈伸に際し30度屈曲位付近で、大腿骨の外側との間で生じる摩擦のため炎症を生じる。過使用が原因となるが、誘因としてO脚、回内足、偏平足などがあげられる。特に傾斜のある場所での走行、トラックでの同一方向周りでの走行で、腸脛靭帯の緊張が高まる場合に生じやすい。症状は、軽度屈曲させたときに外側に痛みを生じ、大腿骨外側上顆部に痛みを認める。