トップページ お問い合わせ 更新履歴 サイトマップ お気に入りに追加 RSS
top.jpg

TOP > スポーツ傷害各論 > 脂肪体傷害

脂肪体傷害

  膝蓋骨下脂肪体に圧痛や腫脹を生じる。特に大腿骨と脛骨の関節面に挟まれる時には膝を伸展すると疼痛を生じる。これは変形性関節症の合併症として起こるが、若い女性では月経前の体液貯留に伴って脂肪体が腫脹する時にも見られる。スポーツ傷害ではないが、スポーツ現場で遭遇することもある。