トップページ お問い合わせ 更新履歴 サイトマップ お気に入りに追加 RSS
top.jpg

TOP > スポーツ傷害各論 > 半月板の病変

半月板の病変

先天性円板状半月板

 外側半月板に多く小児期に発症するものが多い。半月板は正常な三日月形ではなくD型をしていて中央端は脛骨隆起のほうへ広がっている。外側部での著明なクリック、伸展障害、膝内症の徴候を生じる。

青年期における半月板断裂

 主な原因はスポーツ損傷である。屈曲加重時に下肢捻転で発症。通常縦方向に断裂し、断端は関節中央に向かい内方へ偏位する。(bucket-handle型断裂)完全伸展を障害(ロッキング)し膝を真直ぐにしようとすると有痛性の弾性抵抗を触知する(完全伸展の弾力性障害)。内側半月板損傷の場合完全伸展の長期にわたる障害は、前十字靭帯の伸張と断裂を引き起こす。外側半月板の断裂は、しばしば半月板囊腫を合併し運動性を制限する。

中年における半月板の変性病変

 加齢に伴う変性により弾性が失われると、半月板内部に水平方向の裂け目を生じる。外傷に起因しないこともある。関節に限局した圧痛があるのが特徴でほとんどの場合保存的に治療する。

半月板囊腫

 ガングリオン様の囊腫は外側半月板に多い。半月板部に打撲の既往がある例が多い。圧痛があり、半月板の移動を制限するので断裂の危険性が増加する。内側の囊腫は鵞足に生じたガングリオンとの鑑別に注意する。

スポーツ傷害ではないが、スポーツ現場で遭遇することもあるので注意する。