トップページ お問い合わせ 更新履歴 サイトマップ お気に入りに追加 RSS
top.jpg

TOP > スポーツ傷害各論 > 膝十字靭帯損傷(膝関節捻挫)

膝十字靭帯損傷(膝関節捻挫)

 前十字靭帯

 内側半月板断裂の後遺症として生じることがある。半月板の縦方向の断裂は関節の伸展を障害し完全伸展の際、磨耗断裂を起こす。前十字靭帯断裂は、重篤な側副靭帯の損傷を伴うことがある。単独断裂は稀で、脛骨前面付着部での剥離を伴わない限り保存的に治療する。半月板損傷を伴っていれば、半月板を摘出する。側副靭帯の損傷を伴っている場合、脛骨の亜脱臼と二次性関節症の発生を防ぐため半月板は温存する(切除せざる得ないような断裂が多い)。前十字靭帯損傷に内側または外側の側副靭帯損傷が合併する例では脛骨の亜脱臼による障害が多い(観血的修復、再建)。

 純粋の前方亜脱臼が症状の原因であって、大腿四頭筋の強化訓練のような簡単な方法で症状の改善が見られない場合は再建術が適応である。

後十字靭帯

 屈曲した状態で脛骨が後方へ強制的に押された場合損傷する。急性損傷は観血的療法が適応である。放置すると不安定性が持続し変形性関節症が必発である。