トップページ お問い合わせ 更新履歴 サイトマップ お気に入りに追加 RSS
top.jpg

TOP > 怪我・外傷[各論] > 併発症

併発症

 1 併発症

1)関節損傷 関節構成組織(靭帯、関節軟骨、関節包、関節唇、滑液包)の損傷。脱臼が伴えば、脱臼骨折、関節面に骨折があれば関節内骨折で脱臼骨折は整復に高度な技術が必要、関節内骨折は後遺症に注意し長期の経過観察が必要。
2)筋・腱等軟部組織損傷 骨折時の外力や骨損傷端により筋、腱、皮膚等の損傷を合併することが多く治癒過程に大きな影響を及ぼす。骨折端により皮膚が損傷された場合は開放性骨折(複雑骨折)となり細菌感染の恐れがある為、外科的処置を行う。また、重篤な筋挫滅を伴う場合は急性腎不全を発症することがあるので注意を要する。
3)内臓損傷 受傷機序により鎖骨損傷時は肺損傷、肋骨損傷時は肺、脾臓、腎臓損傷、骨盤骨損傷時は尿道、膀胱、直腸壁損傷が合併することがある。
4)脳脊髄損傷 受傷時の外力や骨折端の転位により頭蓋骨損傷時は脳損傷、脊椎骨損傷時は脊髄損傷を合併することがある。
5)血管損傷 受傷時の外力や骨損傷端の転位により血管の圧迫、挫滅、断裂などの損傷が合併することがあり、四肢末梢の循環障害、骨片の無腐性壊死を起こすことがある。また、持続的な動脈性血行障害により阻血性拘縮をみることがある。

6)末梢神経損傷 上肢の骨損傷では橈骨、尺骨、正中神経損傷、下腿骨の損傷では腓骨神経損傷を合併することがある。受傷時の骨損傷末梢部に鈍麻、麻痺等の有無を確認すること。