トップページ お問い合わせ 更新履歴 サイトマップ お気に入りに追加 RSS
top.jpg

TOP > 怪我・外傷[各論] >  骨折の合併症

『骨折の合併症』の一覧

骨折の合併症

 骨損傷受傷時に受傷の外力や骨折端によって起きる併発症、骨損傷を起こしたことにより続いて起きる続発症、骨損傷の治癒過程で起きる後遺症に分けられる。重篤な症状もあるので受傷時の徒手検査、後療(治療過程)時徒手検査が重要。合併症の有無を必ず確認し専門医(整形外科)を必ず受診させること。

このページのトップへ↑

併発症

 1 併発症

1)関節損傷 関節構成組織(靭帯、関節軟骨、関節包、関節唇、滑液包)の損傷。脱臼が伴えば、脱臼骨折、関節面に骨折があれば関節内骨折で脱臼骨折は整復に高度な技術が必要、関節内骨折は後遺症に注意し長期の経過観察が必要。
2)筋・腱等軟部組織損傷 骨折時の外力や骨損傷端により筋、腱、皮膚等の損傷を合併することが多く治癒過程に大きな影響を及ぼす。骨折端により皮膚が損傷された場合は開放性骨折(複雑骨折)となり細菌感染の恐れがある為、外科的処置を行う。また、重篤な筋挫滅を伴う場合は急性腎不全を発症することがあるので注意を要する。
3)内臓損傷 受傷機序により鎖骨損傷時は肺損傷、肋骨損傷時は肺、脾臓、腎臓損傷、骨盤骨損傷時は尿道、膀胱、直腸壁損傷が合併することがある。
4)脳脊髄損傷 受傷時の外力や骨折端の転位により頭蓋骨損傷時は脳損傷、脊椎骨損傷時は脊髄損傷を合併することがある。
5)血管損傷 受傷時の外力や骨損傷端の転位により血管の圧迫、挫滅、断裂などの損傷が合併することがあり、四肢末梢の循環障害、骨片の無腐性壊死を起こすことがある。また、持続的な動脈性血行障害により阻血性拘縮をみることがある。

6)末梢神経損傷 上肢の骨損傷では橈骨、尺骨、正中神経損傷、下腿骨の損傷では腓骨神経損傷を合併することがある。受傷時の骨損傷末梢部に鈍麻、麻痺等の有無を確認すること。

このページのトップへ↑

続発症

 2 続発症

1)外傷性皮下気腫 空気が肺から皮下組織に侵入、肋骨骨折で肺が損傷され発生する。皮下気腫はびまん性、、扁平で柔らかく弾力があり触診で握雪音を認める。
2)脂肪塞栓 損傷部の骨髄脂肪(黄色骨髄)が血管に入ると考えられている。大腿骨や骨盤骨損傷の後、また、多発骨折時にみられる。受傷後の過剰な可動が発症を助長する。受傷後1~3日後に起こり、肺塞栓では呼吸困難、チアノーゼ、脳塞栓では頭痛、不安感、意識障害、嘔吐、痙攣、心塞栓では心悸亢進、血圧下行などが起こり死亡することもある。
3)仮骨軟化・再骨折 伝染病、壊血病などの全身疾患、蜂窩織炎・丹毒などの局所疾患で仮骨が特発性に軟化吸収され再骨折を起こす。
4)遷延仮骨形成 通常仮骨形成される日数を経過しても仮骨形成がみられないもので骨損傷の修復は続いているもの。骨癒合を阻害している因子の改善により骨癒合が期待できる。
5)コンパートメント症候群 四肢の筋肉、血管、神経組織は筋膜、骨間膜、骨組織によって囲まれており、この空間を隔室(コンパートメント)という。骨、筋、血管損傷により隔室内の組織内圧が上昇し、組織の循環不全が生じて筋、神経の機能障害を引き起こす。筋、神経組織が壊死する前に発生を防止する。予防が重要。
6)長期臥床による続発症 沈下性肺炎、褥瘡、深部静脈血栓症、筋委縮、尿路感染、痴呆などが発症することがある。

このページのトップへ↑

後遺症

 3 後遺症

1)過剰仮骨形成 仮骨が過剰に形成され、吸収が少ないか、または吸収されない場合。関節付近の骨折に多く関節運動障害、神経の圧迫や伸長による神経損傷、血管の圧迫による循環障害を起こす。前腕のような平行する2骨間に架橋仮骨が形成され回内外運動が制限されることもある。発生原因としては粉砕骨折、大血腫の存在、骨膜の広範な剥離、強すぎた圧迫固定、早期かつ過剰に行われた後療法などがある。
2)偽関節 骨損傷部の骨癒合過程が停止したもの。骨髄腔は閉鎖され両骨片端は隔離して硬化する。骨損傷端間隙は繊維組織または軟骨組織で占められる。6か月以上経過して異常可動性が明瞭な場合は偽関節とみなし、観血的療法適応となる。発生原因としては局所に働く阻害力(剪力、屈曲力、牽引力、回旋力など)、血行不良、粉砕骨折などによる骨の欠損、血腫分散及び流失、骨折端間に軟部組織介在、体質異常、内分泌異常、栄養障害、整復不良、固定不良、短い固定期間、過度の牽引、不適切な後療法など。
3)変形治癒 骨折端が転位を残したまま骨癒合した状態。自家矯正力を越えた転位のまま癒合した場合変形治癒となる。原因は、不正確な整復、不適当な固定により整復位が保持されなかった場合に起きる。
*変形治癒が避けられない場合:関節内骨折や小児の骨端部骨折では後日に変形が増強し関節症や機能障害を呈することがある。また、疾病によって正しい固定肢位を維持できない場合もある。小児の上腕骨顆上骨折など正常に治癒後数年の経過とともに変形し神経障害や運動障害を起こすものもある。
4)骨萎縮 骨の添加機構が停止し吸収作用が行われる場合に発生し、形成された骨組織が縮小し機能が低下していく状態。長期固定でほとんどの症例でみられるが、一般的には後療法の経過とともに改善される。
*ズディック(Sudeck)骨萎縮:有痛性骨萎縮で四肢末梢部に起こりやすい。小動脈の血管攣縮によるもので交感神経障害(血管運動神経障害)、心因性因子も関係する。運動機能障害、疼痛(奥からくる強い痛み)、腫脹(暗赤色で広範囲に腫れる)、関節拘縮、爪の委縮などがみられX線像では骨の希薄化、斑点状の脱灰像が現れる。
5)無腐性骨壊死 栄養血管が損傷されると骨への血行が遮断され骨片が壊死を起こす。股関節脱臼骨折、大腿骨頸部内側骨折、手の舟状骨骨折、距骨骨折などに起こりやすい。
6)関節運動障害(強直・拘縮) 関節可動域制限。長期の固定、関節内骨折、関節近隣の骨損傷、過剰仮骨、変形癒合などの場合にみられる。
①関節強直 関節を構成する骨、軟骨に原因、関節骨面が癒着し可動域制限されたもの。
②関節拘縮 関節包、靭帯、筋、皮膚などの軟部組織が委縮、収縮して可動域が制限されたもの。
7)外傷性骨化性筋炎 筋組織の骨化現象。筋組織内、骨膜外の血腫が吸収されずにカルシウムがが沈着し骨化する。腫脹、熱感、疼痛、運動制限がみられる。
8)Volkmann拘縮(阻血性拘縮)外傷のために生じた前腕筋の阻血性循環障害。小児の上腕骨顆上骨折に多い。転位の未整復、過度の腫脹、固定包帯の緊迫などにより前腕屈筋群に血行障害がおこり急速な退行変性を起こす。筋が線維化、短縮し不可逆性変化が起こると重症の後遺症を残す。受傷後24時間以内に始まり、前腕に強い浮腫、自発痛、チアノーゼ、拍動消失、冷汗、知覚麻痺などの阻血症状が現れ、屈曲拘縮を起こす。「一夜にして現れ、一生治らない」徴候出現とともに固定を緩め、ただちに専門医にて処置をする。

このページのトップへ↑